下山 倫央Tomohisa Shimoyama

プロジェクトマネージャー

2007年、業務系システムの受託開発を行なう株式会社四次元データに入社。その後、同社の統合・商号変更に伴いシナジーマーケティング株式会社の所属となる。現在、数々のシステム開発で培ってきた経験と高度な専門知識をもとに、シナジーマーケティングが受託するシステム開発案件の中でも大規模なプロジェクトを担当し、責任者として案件の管理・運営に従事する。

四次元データでは、3年程度システム開発案件の営業に携わっていましたが、プロジェクトマネージャーの役割に専念するため開発部に異動し、以降、プロジェクトマネージャーとしてシステム開発案件の提案、要件定義、プロジェクト管理(仕様・スケジュール調整など)に従事してきました。

過去にSEとして設計やプログラミングの経験があり、さらに四次元データでのシステム開発の営業を経験しているため、営業と開発双方の業務やメンバーの気持ちを十分に理解したうえで、計画した予算、納期、品質の達成に責任をもってプロジェクトを運営できることが自分の強みであると考えています。プロジェクトマネージャーとして意識していることは、トラブルなくプロジェクトを成功に導くことです。とりわけ納期を守ることを強く意識し、常に進捗確認を行うとともに、発生する課題に対しては迅速な対応を指示しプロジェクトが円滑に進むよう心がけています。

プロジェクトの運営に際しては、お客様からの要求が絶えることはありませんが、プロジェクトを成功させるために「今何をしないといけないか」ということを常に考え、お客様の要求に沿うものと、代替案を出すものを判断し、社内外との交渉・調整を行っています。この判断と交渉は非常に難しいものですが、最も責任者としてのスキルを問われる場面であると感じます。このような場面において「下山がそう言うのなら」と、社内外から納得・協力を得られることがプロジェクトマネージャーの仕事の醍醐味であると思います。そのためにも日頃のコミュニケーションは非常に大切だと感じます。

一方、プライベートではダーツに凝っています。もうかれこれ8年程度続けています。定期的に大会にも出場しています。プライベートの時間には仕事を持ち込まずにメリハリをつけてリフレッシュすることで、仕事、プライベートの双方がうまくいっていると思います。

Work

お気軽にお問い合わせください