森川 琢磨Takuma Morikawa

テクニカルディレクター

プログラマーやフリーランスの活動を経て2015年シナジーマーケティングに入社。現在、システム開発のプロジェクトマネージャーとして案件の推進に従事する。「もう無理だろう…」と、プロジェクトに大きな壁が立ちはだかった際、「森川ならきっと解決してくれる」と困難な状況下で頼られる存在。彼の多くの経験に裏打ちされた豊富な知識とスキルは、案件にブレイクスルーを起こし、さまざまな課題を解決し多くのプロジェクトを一気に好転させてきた。

ポータルサイト運営会社で情報システムエンジニアとして勤めたのち、フリーランスとしてシステム開発やコンサルティング業務など、Webに関わる幅広い業務に携わってきました。またエンジニアの頃から、社外でのさまざまな勉強会に参加することでネットワークと知見を広げ、フリーランスの頃は専門学校や企業で講師も務めていました。これらの経験を活かし、シナジーマーケティングではプロジェクトマネージャーとしてさまざまな案件に関わっています。

私の強みは、クリエイターをはじめ、セールス、ディレクター、デザイナー、そしてお客様、それぞれの立場の人の気持ちを汲み取ったうえで、自分がこれまで培ってきた知識とスキルをもとに、俯瞰的にプロジェクトの課題を解決していけることだと考えています。プロジェクトを推進するなかでは、「もう無理だろう...」と、誰もがさじを投げる大きな壁に遭遇する場面があります。私はこのような状況下でブレイクスルーさせることを得意としています。成功を阻害する課題を解決し、プロジェクトを好転させ、成功に向けてクリアな視界が目の前に開けたときのやりがいは一言では言い表せません。

例えば大阪労働協会様のiBeaconを使ったアプリ開発においては、当初の見積もりでは予算が通らず暗礁に乗り上げかけたものの、先方の要件を満たしつつコストを3分の1程度に抑え、実現させることができました。誰もがその予算では無理だろうと考える中でどのように実現したかというと、まず、できることとできないこと、そして要・不要の判断を厳密に行ないました。
そしてそれに基づいて、納品物や不要工数を抑えるためにベンダーとの調整を行なうとともに、できないことは運用でフォローするという代替案を用意しました。ただこのように極限までコストやリソースを削減しても、重要なiBeaconの電波強度の調整に関しては、現場でのテストやパターンテストなどに十分な時間とリソースを費やし何度も調整を重ねました。このようにメリハリをつけてプロジェクトを指揮したことが、一発勝負の大型イベントでのiBeacon活用を成功裏に終えることができた要因だと考えています。

限られた予算でお客様の要望を実現するために重要なことは、「目的をぶれさせない」という前提にたち、できることとできないことを明確にお客様にお伝えすることです。そしてそのうえで、どのようにすれば課題を解決することができるか、「全ての可能性を想定して、それらをやりきる」ことだと思います。おかげで「困ったら森川に聞け」という意味で、社内では『モリえもん』と呼ばれています。問題を解決することは非常に苦しいことでもあるのですが、頼りにされるのはとても有り難いことだと感じます。

プライベートでは、3歳の娘と過ごす時間が一番ですね。あとはフットサルやサッカー観戦、写真撮影が趣味です。写真は風景写真がメインですが、納得する写真が撮れるまでは何時間でも追求してしまいますね。撮影した写真を仲間と見せ合ってあれこれ談義する時間も楽しいです。

Work

Other
Technologists

お気軽にお問い合わせください